婚約指輪の意味

婚約指輪とは、エンゲージリングと言われるもので結婚の約束を形にするために渡される指輪です。そのために、一般的にはプロポーズの際に男性が用意して女性に渡されることが多いです。

結婚指輪とは別に婚約の時に指輪を渡すことには意味があります。
婚約というのは結婚と異なり何か法的な手続きが必要なものではありません。しかし、結婚することを決めたという大きな出来事を周囲に伝える機会は欲しいものです。
そこで、これから結婚をするための準備期間に入ったことを周囲に伝えるための手段として、婚約の証に婚約指輪を贈るようになったとされています。

昔は婚約指輪というのは給料の3か月分と言われていましたが、今はそのようなことはあまり言われません。
相場としては10万円から20万円ほどが最も多いのですが、平均としては20万円から30万円です。このような差異が生じてしまうのは、購入した指輪の価格が50万円を超える人が1割以上いるためです。
このような金額の差が出るのは婚約指輪にはダイヤモンドがあしらわれているためです。ダイヤモンドには永遠の絆、純潔といった石言葉があるために、結婚指輪の定番とされています。
この石の大きさやその透明度といった違いによって指輪の価格に差が出てくるのです。