婚約指輪とは

バブル時代の派手婚の影響から、2000年前後は地味婚が流行しました。
派手婚の時にはとても大きなウエディングケーキが用意されたり、派手な演出が行われたり、といった100人近い招待客が呼ばれる規模の大きな結婚式が行われることも多くありました。
それに対して、地味婚の流行した時には、結婚式をしないカップルも多くいましたし、式も最低限の演出にしたり参加者を絞ったりすることも多かったですし、新婚旅行や婚約指輪も用意しないという人も多くいました。結婚式にかけるお金を新居の準備に回す方が良いという考えが流行したためです。

しかし、最近は古くからのならわしは大切にしようとか、行事はきちんと行ったりということをする傾向になりつつあります。また、結婚式業界も結婚式を行ってもらえるように今までよりも式や演出、アイテムについて自由度が高まっています。
自分たちのオリジナリティのある式にできてなおかつ費用を抑えられるようにペーパーアイテムを持ち込むことができたり、プロフィールムービーを自作できたりするだけでなくオリジナリティのある演出をできるようにもなりつつあります。

この流れから、結婚式を行うカップルも増えましたし、婚約指輪や結納についても従来のものほど形式張ったものではなくても用意をしようと考える人が増えています。
そこで、ここでは結婚準備の中でも初めに用意が必要な婚約指輪について、その相場や準備の時期、準備の仕方、そしてそもそもの婚約指輪を贈る意味についても紹介をしていきます。